食事をとる時間も内臓脂肪を防止するには大事なのです

食事時間 内臓脂肪

脂肪がついてしまう原因としては、食事があります。
食事というと脂肪分の多い食品やカロリーの高い食品を多く摂取することで脂肪が増えるものですが、実はそれ以外にも乱れた食生活を送ることでも脂肪がついてしまうのです。

 

脂肪は摂取カロリーの影響が大きいと言われており、前述のようにカロリーが多いと脂肪が溜まるのは間違いではありません。
ですが、たとえ1日の摂取カロリーが同じでも食事の時間帯によって脂肪のつき方が変わってしまうのです。
例えば1日に同じ1800kcalを摂取するとして、朝食300kcal、昼食400kcal、夕食1,100kcalのケースと、朝食700kcal、昼食600kcal、夕食500kcalでは前者の方が脂肪がつきやすいのです。
すなわち夜に摂取カロリーが多いと脂肪として蓄積されやすくなるというわけです。
よく夕飯を夜遅くに食べてしまうという方もいます。
実は夜10時以降は脂肪が最もつきやすい時間です。
それは、寝ている間にはカロリー消費は最小限に抑えられるため、余分なカロリーが脂肪として蓄積されてしまうからです。

 

また、意外かもしれませんが、適度の間食も脂肪を付けないためにはいいのです。
食事をすると基礎代謝がアップするので、カロリーを消費しやすくなりますし、空腹になるとついつい食べ過ぎてしまうことになります。
とはいえ、夜の間食はいけません。昔からおやつの時間とも言われる午後3時くらいは最も脂肪がつきにくい時間と言われているので、この時間に適度の間食をしましょう。
また早食いもいけません。
早食いは満腹を感じる前に食べ進んでしまう事になるので、結果的に多くの量を食べてしまう事になりかねません。

 

>>内臓脂肪サプリのランキング