内臓脂肪と皮下脂肪の違いって?

内臓脂肪,皮下脂肪

内臓脂肪と皮下脂肪の違いについてご存知ですか?

 

そもそも人間の体内の脂肪というのは、内臓脂肪と皮下脂肪の2種類に分けられます。
内臓脂肪というのはその名の通り、内臓のまわりに溜まる脂肪のこと。
お腹周りにつく脂肪なので、お腹がポッコリと出てきたら内臓脂肪が蓄積してしまっている証拠です。
そんなに太っていなくてもお腹周りだけポコッとでている「隠れ肥満」の人も多いですが、その場合は内臓脂肪が原因となります。
内臓脂肪が蓄積すると、単なる肥満というだけではすまなく、さまざまなホルモンなどの分泌にも異常がでてしまい、糖尿病や動脈硬化、心臓病などのの原因にもなります

 

一方の皮下脂肪というのは皮膚の下にたまる脂肪のことです。
皮下脂肪は体温を保ったりエネルギーを蓄積する役目があり、ある程度は体にとって必要な脂肪といえます。
女性の体が柔らかいのはこの皮下脂肪のおかげでもあるので、皮下脂肪が少なければ少ない方がよい・・・というわけではないのです。
とはいえ、この皮下脂肪も多すぎてしまうと、体のくびれがなくなったり、プロポーションが乱れとなってしまうため、女性にとっては気になるところです。
皮下脂肪は太ももや二の腕につきやすいので、きれいなプロポーションを目指す女性にとっては大敵といえます。
しかも、皮下脂肪は一度ついてしまうと落としにくいので、普段からなるべく皮下脂肪がつかないように心がけることが大事です。

 

内臓脂肪と皮下脂肪の落ち方には順番がある

 

内臓脂肪,皮下脂肪

 

ダイエットで内臓脂肪や皮下脂肪を落とそうとしても、実は脂肪が落ちるのには順番があるといわれています。
一般的に、内臓脂肪→皮下脂肪の順番で落ちていくといわれています。
内臓脂肪は付きやすいのですが、食事の量をちょっと減らしたり運動したりすればすぐに落ちるのだそうです。
一方、皮下脂肪というのはそんなにすぐに付くわけではないのですが、一度付いてしまうとなかなか落ちないのだとか。
このため、内臓脂肪は「普通預金」、皮下脂肪は「積立預金」に例えられるそうです。
ということで、ダイエットする際、内臓脂肪がきちんと落とされてから、次に皮下脂肪が落とされるということになるようです。
このように書くと、腰周りのくびれを作りたい!とか、ぷにぷにの二の腕を何とかしたい!という女性にとって悲報のような感じもしますが、実際はそんなに悲観することもないようです
というのも、そもそも女性の場合、内臓脂肪よりも皮下脂肪のほうが付きやすいため、太っている人でもそんなに内臓脂肪は溜まっていないそうです。
だから、ちょっとダイエットに取り組めば、もともと少ない量の内臓脂肪はすぐに落ちて、次に皮下脂肪を落とすダイエットができるのだとか。
慌てず焦らず、きちんとダイエットに取り組み継続すれば、必ず皮下脂肪を落とすこともできるそうです。

 

二の腕だけを細くしたいときは?

内臓脂肪,皮下脂肪

 

二の腕だけ細くしたいとか、足だけ痩せたいというような希望をする女性も多いですが、体の特定の部位だけをやせることはなかなか難しいそうです。
一般的に皮下脂肪はお尻→腰→胸→太もも→肩→ふくらはぎの順番に付くのだそうです。
そのため、ダイエットで皮下脂肪が落ちるときは、その逆で、ふくらはぎ→肩→太もも、→胸→腰→お尻の順番になるそうです。
なので、例えば太ももだけ細くしたい!と思っても、ふくらはぎ、肩の皮下脂肪が十分に落ちてからではないと、太ももの皮下脂肪は落ちないらしいです。
どうしても、太ももだけ細くしたい!とか二の腕だけ何とかしたい!という場合にはリンパマッサージがいいらしいです。
体の特定の部分だけ皮下脂肪がついている場合、そこのリンパの流れが悪くなっている可能性があるのだとか。
リンパマッサージでリンパの流れを改善すれば、体の特定の部分だけ皮下脂肪を落とすこともできるかもしれないそうです。
足やせとか二の腕をなんとかしたいと思っている方は、リンパマッサージを試してみてください。

 

 

>>内臓脂肪サプリのランキングはこちら!