遺伝的に太る体質ってことはある?

遺伝的に太る体質みたいですが、改善できる?

自分は遺伝的に太る体質だ、という方もいますし、痩せの大食いということわざもあるように、いくら食べてもスリムな方もいるものです。
実際、両親が太っていると、その子供も太っている、もしくは太ってくるということはよくある話です。
そして、科学的にも太りやすい体質というのも遺伝するといわれているのです。

 

ですが、だからといって「太る体質なんだから仕方ない」と諦めるべき、ということではありません。
確かに遺伝的に太りやすい体質をなくすことは難しいです。
ですが、遺伝するのは「太りやすい体質」であり、絶対に太ると決まっているわけではないのでご安心ください。
太ってしまう原因は先天的要因よりも後天的要因、すなわち食生活や生活習慣、嗜好や性格によって左右されるケースが大半なのです。

 

いくら脂肪を溜め込みやすい体質だったとしても、それをしっかり脂肪分解・燃焼できれば脂肪が増えることはありません。
逆に太りにくい体質でもしっかりと脂肪分解・燃焼できなければ脂肪が身体に蓄積され太ってしまうでしょう。
また、基礎代謝も筋肉をつけることでアップします。
そのため、しっかりと筋肉をつければ、食事を摂取しても代謝され脂肪が分解されやすくなる、いわば太りにくく痩せやすい体質に改善することもできるのです。
一番いけないのは「自分は太る体質だから」と諦めてなにもせずに暴飲暴食、運動もしない、脂っこいものを食べると、体質以上に太ってしまうことでしょう。