脂肪燃焼サプリって効果あるの?

脂肪燃焼サプリ

 

脂肪燃焼を効率よくするためにはサプリを上手く活用するとよいらしいです。
内臓脂肪を落とす方法としては、脂っこい食生活をかえて脂肪をとらないようにすることが基本ですが、
やはり、一番効率的な方法はしっかりと有酸素運動をして脂肪を燃焼することです。
有酸素運動をしっかりとおこなうことで、体の中にたまった脂肪を燃焼することができます。
脂肪というのは食事などで過剰に摂りすぎてしまったカロリーが体内に蓄積されたものです。
この脂肪を落とすためにはエネルギーをしっかりと消費する必要があります。
運動で必要なエネルギーというのが、体の中に蓄積されている脂肪から供給されるため、運動することで脂肪を燃焼して落とすことができるんです。

 

内臓脂肪というのは、ちょっとカロリーオーバーな食事を続けていると、すぐについてしまうのですが、逆にすぐに落とせる脂肪でもあります。
運動をしたときに、一番最初にエネルギーを供給して燃焼されやすい脂肪だといわれているからです。
内臓脂肪は一般的に燃焼されやすいといわれているのですが、とはいえ、より効率的に燃焼させるために効果的な食品やサプリなどもあります。

 

脂肪燃焼に効果のある食品やサプリは?

脂肪燃焼サプリ

 

脂肪を効率的に燃焼させる食品として知られているものは、唐辛子(カプサイシン)、コーヒー(カフェイン)、アミノ酸(カルチニン)、コエンザイムQ10などがあります。
唐辛子などはとても分かりやすいのですが、食べるとカーッと熱くなりますよね。
唐辛子に含まれるカプサイシンという成分が基礎代謝を活性化させることで、脂肪燃焼を助ける働きがあるんです。
唐辛子を好んで料理に使う韓国やタイなどの国では、極端に太っている人がいないことからも分かるように、カプサイシンには脂肪燃焼を助ける効果があるんです。
あまり知られていないかもしれませんが、コーヒーにも脂肪燃焼を助ける効果があることが分かっています。
コーヒーに含まれるカフェインは、脂肪を分解するリパーゼという酵素を活性化する働きがあるのだそうです。
そのため、運動する30分ぐらい前にブラックコーヒーを飲むと、脂肪燃焼効果が高まるのだそうです。

 

他に脂肪燃焼を助けるサプリとしては、カルチニンやコエンザイムQ10などが有名です。
カルチニンはアミノ酸の誘導体ですが、人間の体の中で、脂肪を燃焼の場であるミトコンドリアへ移送する働きがあるのだそうです。
コエンザイムQ10というのはミトコンドリアで脂肪燃焼をする分子そのものの1つです。
カルチニンもコエンザイムQ10についても、ミトコンドリアでの脂肪燃焼に必須な分子であるため、脂肪燃焼を助ける効果があるとされています。
カルチニンもコエンザイムQ10も燃焼系サプリとして売られています。

 

とても重要なことなのですが、こういった燃焼系サプリというのは、あくまでも脂肪燃焼を助けるだけで、飲むだけで脂肪が燃焼されるわけではないそうです。
脂肪を燃焼させるためには、やっぱり運動が必要になってくるそうです。
燃焼系サプリの使い方としては、運動の30分前ぐらいに飲んで、運動による脂肪燃焼をサポートしてもらうということなのだとか。
運動も20分以上のジョギングなどの有酸素運動が理想ですが、それが難しいようなら軽いストレッチだけでも効果はそれなりにあるのだとか。
燃焼系サプリは飲むだけにしないで、飲んだ後に軽くてもよいから運動をして、上手に脂肪燃焼をさせるようにしましょう。

 

>>内臓脂肪サプリについて詳しくはこちら